プロペシアによる抑制効果|成人男性の悩みの1つAGA

髪の毛の悩みとはおさらば

3人のメンズ

「育毛の恵」とは、育毛剤の商品です。この商品にはプラセンタが含まれているため、その働きによって髪の毛が太くなり、強くコシのある髪の毛がつくられます。AGAの症状で悩んでいる場合は育毛剤を検討しているみるとよいかもしれません。

More Detail

頭の上の警戒警報

考える男の人

AGAで悩んでいる場合、大阪の皮膚科や内科でAGAの治療を受けることができます。治療費はそれそれ病院ごとに違います。育毛剤を使って個人でケアすることもできますが、それが難しい場合には専門家に相談してみましょう。

More Detail

AGAの治療に使われる薬

ヘアケア用品

成人男性の人は、年を取るに連れ薄毛に悩まされる人が増えてきます。薄毛になる症状はAGAと呼ばれており、この症状は完治するというのは難しく、進行を遅くするという対策方法になります。その対策法として薬剤を服用する方法があります。薬剤の名前は「プロペシア」というもので、2005年の10月から国内販売が始まった商品です。他にも「ザガーロ」という薬も2016年の6月からの販売が始まりました。プロペシアに含まれる有効成分はフィナステリドというものです。この成分はAGAの元となるDHTというものの生成を阻止することで、髪の毛にコシが出てきたり、毛穴から髪が生えてくるという効果があると言われています。数値としても明確なデータがあり、1年間の投与で58%、2年間で68%、3年で78%と年々10%ずつ改善効果向上が見られます。
プロペシアが処方されるまでの流れは以下のとおりです。まず病院へ行き問診を受け、その後処方という流れでここまでの工程で時間はおおよそ15分ほどしかかかりません。そのプロペシアジェネリックである「ファイザー」という薬剤は、価格としては28錠で6000円、140錠で27500円、病院によっては、値下げをしてくれるところもあります。プロペシアの効果は、あくまで男性のみにしか効果ないとされているため、女性には処方はされません。また、安全性や有効性が確立されていないために未成年にも処方がされません。副作用もあるといわれていますが、その副作用発現率は1.0未満ほどの少ない数字です。AGAの症状を治療する場合は、皮膚科や内科、専門のクリニックなどもあるのでいくつかの店舗で料金を比較して、安い病院を探してみるとよいでしょう。

皮膚の移植による対策方法

男の人

大阪の各病院で自毛植毛の治療を受けるためには、それなりの料金が必要になります。その料金は本数単位で変わるため、広範囲で治療した場合にはその分料金も高くなっていきます。

More Detail